読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノヲヘラスブログ2

断捨離を重ねた上で更に減らすための備忘録、物を減らす、食費を減らす、生活費を減らす、税金を減らす…、色々実践中。 けれど物欲はあり、プラマイゼロになることも。 最近は「押し付けず、簡潔に」をモットーに書いています。

肌のお手入れはワセリンのみ

3年ほど前からやっています。
====
化粧水や乳液のたぐいは一切やめ、お手入れはワセリンのみになりました。




きっかけ


きっかけは毎月のスキンケア代や皮膚科通いにお金をかけているのにいっこうにきれいにならない毛穴だらけなお肌に疑問を持っていたからです。

たいした手入れもしていないであろう男性の肌が私よりきれいなことも疑問に思っていました。



色々調べると


角質培養なる言葉が出てきました。

どうやら私は洗いすぎたようです。

こんな本も買いました

肌断食


肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法


どちらも

* ファンデーションはクリームやリキッドタイプはやめましょう
* 最低限パウダリータイプはいいですよ
* クレンジング、洗顔料、化粧水の類をやめましょう
* 基本は水洗顔、ファンデーションを使った日は純石けんで洗いましょう
* 最低限ワセリンはいいですよ

という本です。

簡単すぎて申し訳ありません、中身はもっともっと濃いです。



はじめは少しずつ


ファンデーションを使わないなんてありえませんでした。

ただクレンジングを使わなければ落とすことの出来ないファンデーションはやめました。

かわりに石けんで洗い流せるファンデーションに切り替えました。



これがいけなかった


2日に一回ほどスクラブ洗顔していました。

お風呂に入ると毛穴にたまった白いフニャフニャがいやだったんです。

これが肌のキメを取り去ることとなり、逆効果だったようです。



家にあった洗顔や化粧水は


なんだかもったいないので使い切りました。

これがなくなったらやろう!と決心していきました。



今の私がしていること


化粧水等は使っていない

こすらない

ファンデーションは基本使わない

洗顔、クレンジングも使わない

どうしてもカサカサしたらワセリンを使用

ハンドクリームもやめワセリンを使用

毛穴パックもやめた



続けていくうちにどうなったか


1ヶ月ほどでしみが取れました。

取れたといいますか、しみの一部が収縮し、しみの中心がほくろのようになりお風呂で軽くこすってみたら取れました。

一箇所だけではありません、3箇所もです。

これには衝撃でした、今までクリニックに行って取っていたしみが何もしないことで取れてしまったんです。

感じたことですが数年でできたしみが取れました。

写真にとっていないことが残念です。

洗顔を使っていないので顔を洗った後、突っ張ることがなくなりました。

洗顔後突っ張ること自体がいけなかったようです。

でも完全にしみがなくなるというわけではありません、薄くなりました。



何が便利って


旅行や日帰り温泉に行った時に化粧水や洗顔を持っていく必要がありません、これはホント身軽です。

あたりまえですが洗う、つけるという行為もはぶけます。

周りからはずぼらな人に思われますが他人からの評価なんてどうでもいいです、だってこれできれいになるのですから。



毎日思うことは


水で顔を洗った後のお肌の状態はサラサラです、これが気持ち良い。

洗顔を使っていた時は肌がパッツンパッツンでした。



3年経ってみて


まだまだ毛穴もしみもあります。

もともとにきび肌だったのでツルツルではありませんしにきび跡が直ったわけでもありません。

でも洗うこと、つけることから開放されました。



結果


* 毎月数千円出していたスキンケア代が浮きました。

* 化粧水を置く場所も必要なくなりました。



実は


この延長で湯シャンにも挑戦中です、これは別途お話します。








 

広告を非表示にする